注目

お金の愚痴は止まらない・・・

普段通りの買い物をしたり子供を継続的に習い事に通わせたりと、特別なことなく日常生活を送っている中でお金に困ったと感じるシーンはあまりありませんが、予想外の突然の出費などがかさんだり、お祝い事などが重なったりしたときにお金に困ったと感じます。

30代も後半となった今では結婚式が続いてご祝儀が重なるということはもうあまりなくなりましたが、例えば友達の出産が3人くらい重なった時。
出産祝いを送らなければいけないので、相手の方からは以前1万円分ずつ頂いていた、なんて時にはお金がないなぁと感じてしまいます。

また最近だと、日ごろから節約してお金を貯めなければと決意した直後に自分のミスで交通物損事故を起こしてしまい、相手の車の修理代30万円分を支払わなければいけなくなった時が大変でした。

保険をつかうと等級が下がるという事で結局自腹で支払ったのですが、予期せぬ30万円の出費は専業主婦にはとても痛かったです。
さすがにすぐに払うことができなかったので、キャッシングを利用しました

そんなときは今までどおりの生活をしていて、ただお金が出て行っただけでリカバリーできないので、その分の埋め合わせを少しずつでもできるように努力をします。

自宅でできる内職の分量を増やしたり、美容院にいく頻度を2か月に1度から3か月に一度にしたり。何かいいものが家にあるときにはヤフーオークションで自宅の整理もかねて出品したりもします。

生活ができなくなるほどお金がなくなって困るという事態にはならないように日頃から貯金はしてありますが、貯金に手をだしたりローンを組まなければならない状況にならないように、出費についてはできるだけ早いうちにその分をカバーできるように節約を心がけています。

食材を買いにスーパーに行った際にも普段はあまり何も考えずに買いたいものをどんどんカゴにいれていますが、突然の思わぬ出費があった場合にはとにかく必要なものだけを吟味して、一週間に一度だけスーパーにいって購入する、これを心がけるだけでも一か月単位だと2万円くらい節約できたりします。

フケの悩みと髭の濃さの悩み

私の悩みは、ヒゲが濃すぎることとフケがすごいことです。

頭をかくと余計にフケがでますから、普段は我慢しているのですが、家に帰ってくると、普通に頭をかいてしまいます。だから、家の中は、私のフケだらけです。

フケの大きさは0.8センチくらいで、結構大きいんですね。だから、他の人が近づいてきたら少し身構えてしまいます。近くで見られるとフケの大きさにドンびきされてしまいます。

そんなこんなで、私はフケで悩んでいるんです。本当に仲の良い友達にそのことについて話をしたことがあるんですが、確かにフケ目立つね。と、ただその人にも悩みがあって、その人の場合は頭が薄いことなんですね。

だから、オレの頭よりはマシだよ。と言われます。まぁ人間悩みってあるんですね。シャンプーもいろいろ変えて試したりしているんですが、いまひとつ効果が見られないですね。

ただ時期によって、ひどい時とひどくない時があるのはわかってきました。春、秋ごろが一番ひどいですね。あとは、病院でもらったかゆみ止めなんかを使ったりもしています。まぁ使わないよりは使った方がいいのですが、毎回病院に行くのもお金がかかりますし、控えたいところですが、本当にひどい時は、病院に行きます。薬をもらいに行くような感じです。

ひげについても濃すぎて嫌になったので病院で脱毛をしてもらっています。札幌でひげの医療レーザー脱毛⇒ヒゲ脱毛札幌

先ほどの頭の薄い友達も悩みをもっているので、気が合いますが、悩みをもっていない人との会話や自信があったり、自分の価値を高くもっている人とは、あまり上手くいきません。なにか気が合わないんですね。

でも、社会生活を営むうえで、なかなかそんな事は言っていられませんよね。だから、内向的になります。なるべく自分のフケを見られないように帽子をかぶってみたりするのですが、フケがあるのがバレるとものすごい、絶望感があります。

なんでこんな思いをしなければならないんだ。と。人間誰しも悩みは多かれ少なかれあると思いますが、異性から気持ち悪いよね。みたいに影で言われるとちょっとつらいです。まぁ、頭の薄い友達は大事にしつつ、気にしないでいるしかないんですかね。

 

コンプレックスは貧乳と毛深いこと!

私の身体のコンプレックスは何だろう?と考えた時にすぐ浮かんだのは3つ。

中でも最大のコンプレックスは…と自分自身に問いかけた結果、ここを替えたら人生違っていたかもしれない!と思ったのは1つでした。

普段はまったく問題はないし、逆にこのままの方が何かと便利だし自分では気に入っているはずなのに、女性であるがゆえに、最大のコンプレックスになってしまうのは本当は納得いきませんが…。

私のコンプレックスは貧乳です。巨乳よりは貧乳のほうが好きですし、年齢を重ねても形がくずれない所もいいと思うのです。でもやっぱり時々もう少し胸が大きかったらなぁ…と思わずにはいられないのです。

水着になる時、温泉に入る時、新しい彼氏が出来た時など、瞬間的にもう少しだけ大きければなぁ…といつも思っていました。まぁ日常小さいのは大きく見せる事は簡単なので悩むほどでは無かったし、本当に悩んでいたならもっと早い時点で対策していたはず。

コンプレックスなんてそんなものかもしれません、ないものねだりであったらあったでこんなものいらない!なんて思うのでしょう。

私は背が高いのですが、若い頃は小さい人が本当に羨ましかったです。今は平均身長が伸びたのでまったく気にはならなくなりました。逆に高くて良かったかも?とさえ思います。

背が高いと貧乳率が上がるのかしら? モデルさんは貧乳ですもんね? そんな統計調べてみたら面白いかもしれませんね。

私の若い頃は確か巨乳用ブラジャーは全然可愛いのが無くて可哀想だったり、肩こりや薄着ができないなどなど巨乳さんも色々悩みがあったと思いますから貧乳で良かったとも思います。

そういえば主人公が貧乳はステータスだ!なんて事言うアニメもありましたし、自分自身は誇りと愛着を持って生きているつもりです。

でももし、「身体のどこか1つだけチェンジして人生やり直せますけどどこ変えます~?」と神様に問われたならば…。きっと1秒も考える間もなく、胸を少し大きくして下さい!と答えるであろうと思いますのでw

でもやっぱり、毛深いこともコンプレックスですね。でも毛深いコンプレックスは脱毛サロンに行けば解消できます。今は埼玉県所沢市の会社に勤めているので、会社帰りに通えるところを探していますよ。

脱毛所沢市 口コミ