お金の愚痴は止まらない・・・

普段通りの買い物をしたり子供を継続的に習い事に通わせたりと、特別なことなく日常生活を送っている中でお金に困ったと感じるシーンはあまりありませんが、予想外の突然の出費などがかさんだり、お祝い事などが重なったりしたときにお金に困ったと感じます。

30代も後半となった今では結婚式が続いてご祝儀が重なるということはもうあまりなくなりましたが、例えば友達の出産が3人くらい重なった時。
出産祝いを送らなければいけないので、相手の方からは以前1万円分ずつ頂いていた、なんて時にはお金がないなぁと感じてしまいます。

また最近だと、日ごろから節約してお金を貯めなければと決意した直後に自分のミスで交通物損事故を起こしてしまい、相手の車の修理代30万円分を支払わなければいけなくなった時が大変でした。

保険をつかうと等級が下がるという事で結局自腹で支払ったのですが、予期せぬ30万円の出費は専業主婦にはとても痛かったです。
さすがにすぐに払うことができなかったので、キャッシングを利用しました

そんなときは今までどおりの生活をしていて、ただお金が出て行っただけでリカバリーできないので、その分の埋め合わせを少しずつでもできるように努力をします。

自宅でできる内職の分量を増やしたり、美容院にいく頻度を2か月に1度から3か月に一度にしたり。何かいいものが家にあるときにはヤフーオークションで自宅の整理もかねて出品したりもします。

生活ができなくなるほどお金がなくなって困るという事態にはならないように日頃から貯金はしてありますが、貯金に手をだしたりローンを組まなければならない状況にならないように、出費についてはできるだけ早いうちにその分をカバーできるように節約を心がけています。

食材を買いにスーパーに行った際にも普段はあまり何も考えずに買いたいものをどんどんカゴにいれていますが、突然の思わぬ出費があった場合にはとにかく必要なものだけを吟味して、一週間に一度だけスーパーにいって購入する、これを心がけるだけでも一か月単位だと2万円くらい節約できたりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です